2024-05-12
能登半島地震支援活動報告5/4~5

能登半島地震支援活動報告:5月4日(土祝)~5日(日祝)

鍼灸地域支援ネットでは5月4日(土)~5日(日)の2日間、HART関東と合同で、石川県輪島市門前町にて、鍼灸マッサージ・ボランティア活動を行いました。

4日は浜野班が4月28日に続いて、七浦公民館で第4回目の活動を行いました。

また日比班が4月22日に続いて、門前総合支所で第2回目の活動を行いました。

5日は両班合流し、前日に続いて門前総合支所にて活動を行いました。

■活動受入先:七浦公民館

■活動時間:5月4日(土祝)9:00~20:30(休憩:12:00~13:00、15:00~15:30、18:00~19:00)

■活動者:浜野浩一(鍼灸地域支援ネット、HART関東/鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師/東京都国分寺市)、上岡勉(HART関東/鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師/栃木県佐野市)

■受療者:23名(鍼灸受療8名、マッサージ・指圧のみ受療15名)(新患16名、再診7名)

■報告

七浦公民館での4回目の活動。

公民館に宿泊させていただいたおかげで、午前から夜間まで活動することができました。

11名の住民の皆さんが新規に受療してくださり、私たちの活動が浸透してきた感じがします。

この日は私たちの他に片付けのボランティアや、Youtuberの取材者も七浦に訪れていました。アクセスが改善され、少しずつ復興が進んでいることの表れだろうと思います。それでも、不具合の生じたままの家屋での生活は続いています。受療された皆さまのおからだからは、疲労と不安の蓄積が感じられました。緊張がゆるむこれからの時期こそ、心身のケアが必要になるでしょう。

近くに仮設住宅が建設中で、工事に従事されている方々が公民館のシャワーテントを利用していると聞き、その方々にも施術を受けていただくことにしました。工事従事者のみなさんは三重・岡山から派遣されて長期滞在されています。寝泊まりは廃校の体育館に寝袋で、あるいは車中泊をされているということでした。5名が受療してくださいましたが、体が楽になったと喜んでいただけました。

この仮設住宅ですが、能登特有の黒い屋根瓦がふかれた立派な建物で、プレハブの仮設住宅を見慣れた目にはとても驚きでした。仮設住宅として利用後は公営住宅として残すため、このようなしっかりした建物にしているのだそうです。

■受療者感想(抜粋)

「腰もだいぶよくなり、楽にあるけるようになりました。ほんとうにたすかりました」

「もっと早く来れば良かったのにと、思いました」

「腰のアドバイスやリハビリもしていただきました。腰痛と不安の中でしたので、感謝しかありません」

「人生初めてのマッサージをうけて、痛みの箇所を言ったらすぐに直してもらい、とても気持ちよかったです」

「え? と思うぐらいの感じで、首から肩にかけてすごく楽になりました。正直、不思議です!!」

「今日は思いがけなくマッサージをして下さり、ありがとうございました。59年の人生で初めてのマッサージでした。明日からも仮設住宅の建設のはげみになりました」

■活動受入先:輪島市門前総合支所地域振興課

■活動時間:5月4日(土祝)10:00~、5月5日(日祝)10:00~15::00(休憩30分あり)

■活動者:4日/日比泰広(鍼灸地域支援ネット/鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師/滋賀県甲賀市)、青木千絵(鍼灸師/京都市)、5日/浜野浩一(鍼灸地域支援ネット、HART関東/鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師/東京都国分寺市)、上岡勉(HART関東/鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師/栃木県佐野市)、青木千絵

■受療者:4日/4名(鍼灸受療1名、マッサージ・指圧のみ受療3名)、5日/5名(鍼灸受療2名、マッサージ・指圧のみ受療3名)

■報告

輪島市門前総合支所にて2回目の支援者支援活動を行いました。

前回と同じ、庁舎3階の会議室を会場にお借りしました。

職員の方々の勤務状況は改善されてきているそうですが、おからだからは疲労の蓄積が感じられる方もおられました。

金曜日にお願いしたいとのご要望がありましたので、次回は5月31日(金)に実施する予定。

■受療者感想(アンケート抜粋)

「震災の疲れも首の痛みとともに解消された気持ちです。いやされた時間を過ごせました」

「初めての鍼を体験させていただき、その効果に驚きました。また人の手のもつ力も改めて感じました。リフレッシュの時間になりました」

「会話がとてもリラックスできました」

今回の活動にあたり、受入先の七浦公民館長・升本氏、門前総合支所・畠中氏、宿舎をご提供いただいている杉田氏に大変お世話になりました。厚く御礼申し上げます。

以上
2024年5月6日
鍼灸地域支援ネット理事 浜野浩一

▲このページの先頭へ